2013年04月01日

請求書に複数の振込先を印字する

事務所のメインバンクがお客様のメインバンクとは限らないので、備考欄が余っていれば複数の振込先を載せたいところです。しかし、司プラゾンの機能で差し込める振込先は1つ。

 

この差し込まれる振込先は、所詮文字列に過ぎないので、自分でレイアウトを整えて常用句登録してやれば、複数の振込先を請求書に簡単に入れることができます。

 

気付いてしまえばどうということのないテクニックですが、お客様には喜ばれるテクニックだと思います。


メインブログ「流れるような一日を」の更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly


スポンサード リンク

タグ:請求書
posted by 司法書士 坂根 at 17:49 | Comment(0) | 司Plazon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。