2013年04月04日

オンライン申請の手続終了メールの情報から完了した登記の当たりを付ける

現在のオンライン申請システムでは、オンライン申請で申請した登記が完了した際にメールで「手続終了」の通知が来るように設定ができます。

ただ、このメールが素っ気ないというか、必要な情報が載ってこない。

 

件数の多い不動産登記は全て「権利に関する登記」としか表示がされません。

また、受付番号を表示してくれたらもう少し分かり易かろうに、なぜか申請番号だけが記載されています。

 

いちいち司Plazonで確認するのが一番確実で早かったりもするのですが、申請番号の法則がわかっていると、司Plazonを開いて確認しなくても、どれが終わったのか見当が付けられることがありますので、紹介します。

 

1.冒頭の8桁は申請日

これはわかりやすいですね。

 

2.連件申請だと、末尾の数字が申請した連件番号になる

単独申請なら全て1で終わるはずですが、連件申請は2以降の数字が入ってくるので、単独申請と区別が付きます。

 

3.同時期に申請したものは、同時期に完了通知が届くことが多い

これは、確実とは言えないルールですが、まとめて最終確認されることが多いのか、同じタイムスタンプで届くことが多いです。参考までに。


メインブログ「流れるような一日を」の更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly


スポンサード リンク

posted by 司法書士 坂根 at 17:49 | Comment(0) | 司Plazon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。