2013年04月09日

フォントによって字形が変わる「隆」のような漢字には注意する

1.司プラゾンの外字置換機能を過信してはいけない

司プラゾンでは、Windowsの日本語変換で出すことができる範囲の字の中で、オンライン申請システムに使用することができない文字が申請書に含まれていた場合、自動で外字画像に置き換えてくれる機能があります。

この機能、とても便利な機能なのですが、よく注意しないと足元をすくわれることがあります。

 

2.具体例:「驕vの字はフォントによって字体や画数が変わることがある

人名等に使われることがたまにある字ですが、「驕vという字があります。

この字をWORDで入力して、フォントをいろいろ変更してみてもらうとわかるのですが、フォントによって下記の2種類を行ったり来たりします。

ryu1

ryu2

これらの字は、字形も異なり、画数も異なる別々の字なのですが、同じ文字コードで表現されてしまう、という少し困った字です。

ちなみに、司プラゾンでは下の方の字になるので、上の字のつもりで入力していた場合には困ったことになります。

3.あらかじめ外字で登録してしまうのが確実

こういう字は、そうたくさんあるわけではないので、わかっている場合には最初から外字で登録してしまうのがお勧めだと思っています。

多少、印刷時の仕上がりが微妙になりますが、補正になったり、間違った字形で登記してしまって更正登記になったりするよりはマシですから。


メインブログ「流れるような一日を」の更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly


スポンサード リンク

posted by 司法書士 坂根 at 17:51 | Comment(0) | 司Plazon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。