2013年04月16日

添付ファイルのファイル名に(1)が付く場合の原因と対処

1.よくある原因

ファイルが使用中等でロックされている状態で電子署名したりすると、PDFや登記識別情報提供様式のファイル名に(1)が付いたファイルができてしまうことがあります。

(1)具体的な発生事例

親機で申請情報を作成し、子機で資格者が申請情報やPDFをチェックした際、PDFを開きっぱなしにしてしまった。

それに気付かず、親機で電子署名をしたところ、問題の事象が発生。

 

2.基本的な対処

ロックされている状況を解消してから、申請書を再作成すると元々のファイル名のファイルが添付されるはずです。

解消されずに似たようなファイルが増殖する場合は、まだどこかからファイルを開きっぱなしにしていないか、確認してみましょう。

 

どうしてもわからない場合、再起動してみると他のPCから参照していても強制的に接続が切れると思いますので、お試しを。


メインブログ「流れるような一日を」の更新情報はこちらから受け取れます。

follow us in feedly


スポンサード リンク

posted by 司法書士 坂根 at 17:31 | Comment(0) | 司Plazon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。